皮膚アレルギー解決ガイド

自然治療による皮膚アレルギー治療

食事

摂取する食物は、粘液をあまり分泌しない、新鮮で栄養価の高い果物や野菜、ナッツや種子、低温加工された油ものがおすすめです。ただし、ピーナッツやアレルギーが起こりやすいナッツ類はこれに該当しません。また乳製品や小麦、精製されている砂糖などは粘液を分泌してしまうので避けるようにしましょう。ファストフードでも良く使われるトランス脂肪酸や硬化油も免疫力を低下させるので控えてください。

 

ホルモンや抗生物質を含有していない鶏肉や、魚介類や豆腐、草を食べて育った動物の肉や低脂肪のたんぱく質も皮膚アレルギーの改善には良いでしょう。青野菜をミキサーでジュースにしたものを日頃から飲む習慣をつけるようにしてください。このジュースは免疫を向上させ、体に溜まった毒素を追い出してくれます。

 

サプリメント

亜鉛ピコリネートは免疫を高め、肌を育てる作用があるため、1日に2回、1回50mLを摂取してください。また、魚の脂を毎日4g摂取すると、皮膚の炎症を抑制することができます。さらに、1日に3回、免疫を高めるためにビタミンC1000mLを摂るようにしましょう。ただし、軟便になるようであれば、1日に2回摂取するようにしてください。

 

ハーブ

肌に溜まった毒素を取り除くのに非常に効果のあるゴボウ。1日に3回、ゴボウをカプセルで500mLもしくはチンキで3mL摂る事をおすすめします。

 

運動

適度な運動をすると、毒素が循環し、体外に排出されるので、進んで運動をするようにしましょう。