皮膚アレルギー解決ガイド

皮膚アレルギー解決ガイド

皮膚のアレルギーというのは、ほとんどの場合、感染症を起こしている予兆です。
しかし、環境物質が何らかの原因で接触し、免疫系がそれを侵入者と捉えた時にも反応を起こしていると考えられています。
このような環境物質をアレルゲンと呼んでおり、皮膚に炎症が起こることは稀な事ではありません。
皮膚というのはあらゆる病気などの中でも最も多く、最初に反応が出る場所です。
ですから、アレルギーを持っている人に限らず、どのような人でも影響が出てしまうアレルゲンも存在するのです。

 

例えば、接触性皮膚炎です。
これは、ある物質に皮膚が反応して起こる現象です。皮膚アレルギーの種類は3つあり、この接触性皮膚炎と湿疹、蕁麻疹があります。
刺激物や誘因には、動物の毛やハウスダスト、花粉やラテックスなどの合成繊維やゴム繊維、小麦や卵、乳製品やシーフード、チョコレートなどの食品、衣類用柔軟剤に配合されている薬剤やニッケル、食器用洗剤、ストレスなどが挙げられます。

 

皮膚アレルギーの症状としては、皮膚がひどくかゆくなったり、赤い発疹が起こる事があります。

 

  • 接触性皮膚炎の場合・・・アレルゲンに接触した後、皮膚に赤い斑点が見られ、ざらざらした感じになります。
  • アトピー性湿疹の場合・・・顔や皮膚などに鱗状の乾燥した赤い斑点ができる。
  • 蕁麻疹の場合・・・先が白く、強いかゆみを感じる赤色の斑点が見られる。

 

中でも、顔や喉、唇に腫れが見られるようなアレルギー反応を起こした場合には、ただちに治療する必要があります。
さらに、呼吸困難を起こしたり、その他の苦痛な状況におかれている場合には緊急性が高まります。

 

手湿疹も皮膚アレルギーの一つだと考えられています⇒手湿疹治し方

西洋医学による皮膚アレルギー治療

接触性皮膚炎というのは、それほど珍しい症状ではなく、一般的に良く見られる皮膚アレルギーです。
接触性皮膚炎のタイプとしては、刺激性ものとアレルギー性のものがありますが、いずれのタイプも『アレルギー性』というように呼ばれています。

 

刺激性の接触性皮膚炎の原因はアルカロイドを含む石鹸や溶剤が多く、これまでに接触した機会がなくても発症する可能性が高くなっています。
一方でアレルギー性の接触性皮膚炎の場合は、これまでに接触した事がある物質で、かつ感作されたことのある物質に対して反応が起こります。
ニッケルやラテックス、ウルシなどが原因となる場合がほとんどです。

 

このような皮膚アレルギーは、炎症や皮膚のかさつきを抑える事を治療の目的としています。
そして皮膚アレルギーを引き起こす原因物質を特定し、再発を防止することが何よりも大切です。
原因物質が分からないことには、一度症状が改善したように思えても、繰り返し皮膚アレルギーを起こしてしまう可能性が高くなってしまいますので、早めの究明が求められます。

 

皮膚軟化薬

界面活性剤は皮膚に刺激を与えますから、界面活性剤を含まない石鹸代替品や皮膚軟化薬を使用し、皮膚のかさつきを緩和しましょう。
生理食塩水にしっかりとつけて作った冷湿布も有効です。

 

経口抗ヒスタミン薬

皮膚アレルギーの辛さは何といってもかゆみだと言えるでしょう。
そのかゆみを緩和する力のある、アクリバスチンやセチリジン、ロラタジンなどのH1受容体拮抗薬がおすすめです。
局所的にであればカラミンも効果的でしょう。

 

ヒドロコルチゾンクリーム

皮膚アレルギーの症状が中度の場合は、局所用のコルチコステロイドを試してみて下さい。
ただし、体の広い面積に使用することは厳禁です。
市販されていますので、薬局などで購入してください。

 

強い局所用のコルチコステロイド

皮膚アレルギーが重度の場合には、やはり作用の強い局所用コルチコステロイドが有効でしょう。
クロベタゾールやジプロピオン酸ベタメタゾン等がありますが、これらは処方箋なしでは購入することができません。
症状が中度の接触性皮膚炎で、狭い範囲の治療にとても役立ちます。
重度の場合には、全身用のコルチコステロイド(プレドニゾロンなど)が使用されます。

 

局所用のタクロリムスまたはピメクロリムス

コルチコステロイドを使う事ができない場合もしくは、患者の皮膚がコルチコステロイドに反応を示さない場合には、局所用タクロリムスやピメクロリムスが用いられることがあります。
ただし、皮膚科の医師の処方が不可欠です。
しかも、癌リスクが高まったり、免疫抑制が起こった場合など、あらゆる治療が使えなかった場合の最終手段として使用されます。
使用の際には、特に最低濃度の薬から使用することが重要です。
なお、免疫抑制というのは、白血球が欠如し、感染症に対処する免疫システムに異常をきたしている状況のことをいいます。